[PR]

 清涼飲料メーカー大手の伊藤園(東京都)が、看板ブランド「お~いお茶」などの製造を委託した複数の下請け業者に対し、支払代金から約1億2千万円を払い戻させていたとして、公正取引委員会は5日、下請法違反(減額の禁止)で是正勧告をした。

 公取委によると、伊藤園は商品の販売促進のため、一定額を払い戻すよう下請け業者に協力を要請。2016年6月~17年5月、注文数量の多い製造委託先2社から「特別協力金」として総額約1億2千万円を銀行口座に振り込ませていた。こうした行為は遅くとも02年から続けられていたとみられる。

 伊藤園は公取委の調べに「伊右衛門や綾鷹(あやたか)、生茶など他社ブランドとの競争が激しくなり、販売促進費が必要だった」と違反を認め、約1億2千万円は1月末、2社に返金したという。(矢島大輔)