[PR]

 人工知能(AI)や、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の広がりで、半導体業界が世界的に活況です。半導体製造装置メーカーのレーザーテック(横浜市)も好業績で、株価はこの2年で3倍近くになり、国内に200人強いる社員の平均年収は1千万円を超えています。この活況は続くのか、岡林理(おさむ)社長(59)に聞きました。

 ――業績が好調ですね。

 「半導体がパソコンやスマートフォンだけでなく、企業のデータセンターや、電動化が進む自動車にも使われ始めている。それで顧客の半導体メーカーから検査装置の注文が増えている。この1年で急に活気づいた感じがする」

 ――日本の製造業は、韓国や中国勢の追い上げに苦しめられています。

 「韓国や中国に同様の製品をつくれるメーカーはない。光や電気を扱う技術のほか、画像処理や精密技術も求められるから、追いつくのは大変だろう」

 「競合は、ほぼ米国のKLA―テンコール1社。ここは幅広い製品を扱うデパートのような存在で、企業規模がずっと大きい。これに対して、うちは得意な製品に集中し、そこでシェアを高める戦略だ。半導体づくりに不可欠な材料の『マスク』や『マスクブランクス』の欠陥検査装置は、世界シェアがそれぞれ75%、100%になっている」

 ――社員の給与が高いことでも知られています。

 「良い人材を集めるためだ。好待遇なら、良い仕事ができる。私が以前勤めていた企業にも、そんな標語があった。人手不足感が出てきて毎月のように中途採用をしている。必要な人数は確保できている」

 ――半導体業界は過剰生産による「バブル」が起きやすいとされ、これまでは需要の急減もありました。

 「今回は状況が違う。かつてはパソコン、スマホと、単一の商品に需要が引っ張られていた。いまはデータセンターからAI、IoT、電気自動車、自動運転技術と、商品が複数ある。次世代通信技術の5Gの導入も控えている。多少のデコボコはあっても右肩上がりで需要は伸びていくだろう」

 ――不安はない、ということでしょうか。

 「あるとすれば円高。売上高の7割ぐらいは海外メーカー向けなので、円高だと価格競争力が下がる」

 ――海外でつくって納品すれば、解決しそうです。

 「うちは、自前の国内工場では試作や最終的な調整、性能の確認をするぐらいで、製造の大部分を他社にゆだねている。ただ、国内でつくるメーカーにしか頼まない。複雑な製品のため、委託先と近い距離で緊密に連絡を取り合う必要があるからだ。今後も海外生産の予定はない」

     ◇

レーザーテック

 1960年、X線テレビの開発会社として創業。主力は半導体の検査装置。液晶パネルの検査装置なども手がけるが、売上高の7割強は半導体関連で稼ぐ。2013年に東京証券取引所1部に上場した。2017年7~12月期決算は、売上高が前年同期比20・5%増の104億円、純利益は25・9%増の24億円。18年6月期(通期)の業績予想は、売上高が前年より2割超も増える見通し。(聞き手・内藤尚志)

関連ニュース