[PR]

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題や「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、野党が求める佐川宣寿・前財務省理財局長(現・国税庁長官)ら関係者の国会招致を与党がかたくなに拒んでいる。与党は国会の「慣例」を盾に拒否しているが、前例がないわけではない。

 「いろんなテープや、会計検査院の指摘がある。ことの事実を知るには答弁した方に聞かないとどうも分からない」

 6日の衆院予算委員会で希望の党の今井雅人氏はこう述べ、佐川氏の証人喚問を改めて要求した。森友問題をめぐっては、国有地の値引き交渉の様子を録音した音声テープが明らかになったり、会計検査院が大幅な値引きの手続きを疑問視する報告をまとめたりしている。佐川氏は、売却手続きについての国会答弁の妥当性が問われている。

 さらに、野党は森友学園が開校…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら