【動画】「在宅看取り」に取り組む花戸貴司医師の往診
[PR]

 琵琶湖の東に広がる滋賀県東近江市の永源寺地域では、高齢者の半数近くが自宅で最期を迎える。在宅看取(みと)りの文化を地域にもたらしたのは、18年前に赴任した永源寺診療所長の医師、花戸(はなと)貴司さん(47)だ。これまでの取り組みや患者との日々を、1月に出版した本につづっている。

 鈴鹿山脈のふもとの山間部にあり、豊かな自然に集落が点在する永源寺地域。高齢化が進み、住民5300人余りの、3人に1人が65歳以上だ。

 「家にいられるのはみんなのおかげや」。何度も繰り返す一人暮らしの端野(はしの)マツエさん(82)。9年ほど前に認知症と診断されたが、愛犬テツとの「親子」のような暮らしを続けてきた。

 お金の管理はもちろん、食事の用意、入浴、掃除もできない。それでも「家にいたい」というマツエさんの願いをかなえたいと、花戸さんがまとめ役となってケアチームを結成。食事や洗濯はヘルパー▽年金の管理や公共料金の支払いは社会福祉協議会▽見守りは近所の人々――と、それぞれが支える。離れて住む、おい夫婦を含め、体調のわずかな変化もチームで共有する。

 笑顔の毎日を送っていたマツエさんだが、昨夏、テツが18歳で死んだ。「なんで動かへんのか」。マツエさんは二間だけの自宅で、ベッドに横たわるテツをいつまでも揺すっていたという。いち早く気付いた近所の主婦(60)がケアマネジャーに連絡。テツの死はその日のうちにチーム全員に伝わった。

 環境の変化は認知症の悪化につ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら