[PR]

 ビートルズのメンバーが、流行の最先端をゆくロンドン・ファッションをクルタ(インドの男性用民族服)に着替え、首にマリーゴールドの花輪をかけてインド北部リシケシにやって来たのはちょうど半世紀前、1968年のことだった。森をとぼとぼ歩きながら、とあるアシュラム(ヨガ道場)にたどりついた。彼らは、その地で数週間を過ごし、数々の歌を作った。

 ジョージ・ハリスンは「超越瞑想(めいそう)」の熱心な信奉者だった。ジョン・レノンとポール・マッカートニーはバンドの方向性をめぐって仲たがいしていた。ドラマーのリンゴ・スターは、来るには来たが、香辛料を使うインド料理にへきえきし、わずか10日間で退散した。

 「リシケシでのリンゴの写真を全部調べてみれば分かるが、笑っている写真はほとんどない」と地元ジャーナリストのラジュ・グサインは言った。グサインは、ビートルズのインドの旅に関する専門家の一人である。

 あれから半世紀が過ぎて、アシ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも