[PR]

 東京都豊島区は子育て環境の向上に取り組むため、4月から区内すべての認可保育施設で出た使用済みの紙おむつを回収する仕組みを整える。区によると同様の事業は全国でも珍しいという。

 5日発表した2018年度一般会計当初予算案に1293万円を計上。各施設には専用のバケツを置き、委託業者が週3回、回収・処分するという。区内の認可施設は103カ所あり、すでに独自に同様の取り組みを行う私立保育園もある。

 使用済みのおむつは施設が保管後、保護者が持ち帰るケースが多い。区内の保護者から「お迎えの後すぐに買い物に行きたい」「衛生面で気になる」といった声が上がっていたという。

 区は昨年4月時点で待機児童ゼロを達成。18年度も認可保育所を10カ所増やす。高野之夫区長は「ゼロを維持するため、今後も保育の質の向上に取り組んでいく」と話した。(横川結香)