[PR]

 2020年東京五輪の自転車ロードレースは、東京都の武蔵野の森公園を出発し、静岡県小山町の富士スピードウェイをゴールに変更することが、国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認された。山梨県が五輪の開催県になることは確実で、県内関係者からは歓迎の声が高まっている。

 関係者によると、予想されるコースは神奈川側から国道413号へ入り、山中湖を回り静岡側へ抜ける。道志村から山伏峠(標高約1100メートル)までは約500メートルほどの上りが続き、その後は下りになり、山中湖周回では選手が富士山を背景に疾走する。国際自転車競技連合が要望した「テレビ映りを意識したコース」となるという。

 男子のロードレースは開会式翌日に予定されており、県自転車競技連盟の早川誠司理事長は「最初の映像に富士山が映し出されることで、五輪の成功につながると見ている関係者もいるようだ」と話す。

 後藤斎知事は3日に「私として…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら