[PR]

 5日午前9時10分ごろ、埼玉県深谷市萱場の住宅でブルーシートに包まれた骨が出てきたと、この住宅の大家の男性(81)が県警に届け出た。県警によると、三つのブルーシートの包みから、それぞれ白骨化した遺体計3体が見つかった。県警は死体遺棄事件とみて調べている。

 捜査1課によると、現場の住宅は木造平屋建ての借家。4日午前10時ごろ、庭の整理をしていた大家の男性が、庭の一角にあったブルーシートの中から頭の骨などを発見。届けを受けて県警が同じ場所にあった他の二つの包みを調べると、それぞれ中から遺体が見つかった。3体ともシートにくるまれ、ほぼ白骨化していた。衣服もあったという。

 捜査関係者によると、遺体はいずれも成人男性とみられ、身元を示す物は残っていなかった。年齢も不明。今後、身元や死因を調べる。

 同課によると、この家を借りていたのは50代の男性。1月以降、連絡が取れていないといい、男性が何らかの事情を知っている可能性があるとみて行方を捜している。大家の妻によると、男性の姿を確認できたのは、1月8日ごろまでだという。

 近くに住む無職男性(65)は「こんな住宅街で白骨化した遺体が見つかるなんて、物騒です」と不安そうに話した。

 現場はJR高崎線深谷駅から約1・2キロの住宅街。