[PR]

 5日午前11時ごろ、京都市左京区の京都大医学部付属病院で、建設作業員の男性から「足場から作業員が転落した」と119番通報があった。京都府警や京都市消防局によると、外壁工事の足場を組んでいた作業員の女性(19)=神戸市灘区=が5階付近から約15メートル下のコンクリートの路上に転落し、意識がないまま病院に運ばれた。頭を強く打ったという。

 川端署によると、約2時間前から6人がかりで作業をしていた。業務上過失傷害の疑いもあるとみて、安全管理の状況を確認している。患者や学生らにけがはなかった。