[PR]

 寸又峡に向かう千頭森林鉄道(1968年廃止)の分岐点だった沢間駅。大井川をはさんで対岸に、木材の大量輸送を担った往時をほうふつとさせる貯木場が広がる。沿線のエコツーリズムを手がける一般社団法人「エコティかわね」は、静岡県川根本町にあるこの貯木場に事務所を構える。

 2016年設立。会員57人の3分の1を町外からのIターン者が占める。神東(かんとう)美希さんは愛媛県出身。新聞社勤務や韓国留学を経て、農山村の地域おこしを担う「緑のふるさと協力隊」に応募。7年前に川根本町に来た。「茶畑に山、湖。ここでしか体験できないことがたくさんある」

 かつては団体客がバスで来て温…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも