[PR]

「トランプ王国」熱狂のあと ラストベルトに住んでみた:9

 昨年末、継続して取材している男性宅を久しぶりに訪ねると、見慣れない放送局の番組を見ていた。気になる変化なので、本稿では「見慣れない放送局」の話を書いてみたい。

 男性が紹介してくれた。

 「最近は(保守系)FOXニュースではなく、こっちを見ているんだ。トランプの報道が多いからな。見るようになってどのぐらいになるかって? そうだな、2~3カ月にはなるな」

 チャンネルは、2013年放送開始の新興放送局「ワン・アメリカ・ニューズ」(OAN、本拠サンディエゴ)だった。画面からは、元民主党候補ヒラリー・クリントンの一家を痛烈に批判する2016年のドキュメンタリーが流れていた。クリントン一家が財団を通じて海外献金を受け取っていたことなどにより、私腹を肥やしたという内容で、原作の本は選挙期間中にベストセラー入り。大統領トランプの最側近だった前首席戦略官バノンが制作に深く関わった作品だ。

 アメリカではあの大統領選が終わった今も、大統領トランプと保守系メディアがクリントン批判を続けている。FOXニュースをつけていると、連日のようにヒラリー・クリントンの話題を報じている。私の見る限り、全てが批判的な内容だ。民主党のリベラル陣営にこれといった次期リーダーがいないことも手伝って、しばらくはクリントン一家が批判を受け続けることになりそうだ。

 OANは選挙中からトランプに好意的な放送を続けていたが、特に目立った存在ではなかった。地方に行けば、どこの支持者宅でも飲み屋でも、テレビのニュースはFOXが定番だった。

 ところが今、新興の放送局がじわりと浸透している。そんな印象を受ける。男性が見ていたOANを紹介したい。男性に紹介されたことを機に、私も調べてみた。放送局の名前は聞いたことがあったが、きちんと視聴したり、調べたりしたことはなかった。

トランプがほめる「ニュース」

 ワシントン・ポスト紙によると、OANのオーナーは回路基板の製造で財をなした富豪ロバート・ハーリング(76歳、Robert Herring)で、その指揮下で影響力の拡大を図ってきた。注目されたのは2015年6月、トランプの出馬会見の報道ぶり。多くの人がトランプの出馬を「冗談」と笑ってみていた当時、会見の全てをライブ中継した。これはハーリングの判断で、他の共和党候補は同様の扱いは受けなかったという。

 OANは「ストレートニュース」「意見なし、事実のみ」を掲げる。しかし、ワシントン・ポスト紙によると、ハーリングが編集に及ぼす影響は大きく、大統領選期間中、ハーリングはトランプ以外が首位になっている世論調査の報道を禁じた。予備選が佳境を迎えていた2016年3月には、トランプ批判を強めていた2012年の共和党の大統領候補ロムニーについて「彼の演説を中継するな」「彼は負け犬だ」と番組のプロデューサーにメールを送っていたという。ハーリングが同社の定例会議で、右派サイト「ブライトバート」や「ドラッジリポート」からのニュース素材が欲しいと要求していたとの元記者の証言もある。いずれも偽ニュースを流してきたことで知られるウェブサイトだ。

 米オンライン誌デイリー・ビーストによると、ロバートの息子で同社の社長を務めるチャールズ・ハーリング(Charles Herring)は、OANの方向性について「無視されてきた声、リバタリアンと保守派の声を届けるプラットフォームを提供する」と説明している。FOXニュースについては「素晴らしいプラットフォーム」「多くの人が好きで、素晴らしい視聴率を出している。FOXに何ら問題はない。問題なのは(米テレビの)チャンネルを並べると、全国ニュースは左に偏る傾向があり、我々の側にはFOXしかないことだ」と述べた。FOXニュースに加勢し、保守系メディアの一翼を担う意気込みだった。

 2016年4月にはトランプの単独インタビューを放映している。共和党候補を1人に絞り込む予備選の真っ最中にウィスコンシン州で収録されたものだ。今もユーチューブで視聴可能で、記者はトランプに「地球温暖化を心配している人がいますが、今日は雪ですね」と語りかける。

 こんな姿勢が功を奏したのかはわからないが、今ではトランプのお気に入りメディアの一つになったようだ。2017年8月の会見では、トランプがOANの担当記者の質問に答えた後で唐突に「あなたの放送局を祝福したい。素晴らしい放送局だ」(And, I want to congratulate you on the network. It’s a great network)と述べる一幕もあった。ほめられたOANの担当記者は、ベテランが多いホワイトハウス詰めとしては異例の若さの23歳。キャリアが短いのは確かなようだが、「彼はホワイトハウスの記者団の中で良い存在感を示してきた」(テレビ局MSNBCに番組を持つジャーナリスト、クリス・ヘイズ)と評価する声もある。2017年6月には、ホワイトハウス会見室に席を割り当てられている(英BBCと共有)。

 OANは昨年4月以降、セクハ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも