[PR]

 オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)の小和田恒裁判官(85)が辞任の意向を固め、近く辞表を提出することがわかった。日本政府関係者が6日、明らかにした。

 元外務事務次官の小和田氏は、皇太子妃雅子さまの父親。2003年、国家間の紛争を裁くための国連の主要な司法機関であるICJの裁判官となり、09~12年には日本人初のICJ所長を務めた。

 11年のICJ裁判官選挙で再選。任期は21年までだが、政府関係者によると、高齢を理由に退任の意向を示しているという。辞表提出後、後任を選ぶ選挙が行われる。政府は、後任候補に、アジア開発銀行行政裁判所裁判官などの経験がある岩沢雄司・東大教授(国際法)を推す方針だ。