[PR]

 日本海側で降り続いている大雪。気象庁によると、北陸地方の上空5千メートルにマイナス39度以下の強い寒気があり、日本海上空で発生した雪雲が福井県付近へ断続的に流れ込んでいるため、記録的な雪になっているという。

 この強い冬型の気圧配置は8日ごろまで続く見込みで、気象庁は引き続き大雪による交通への影響に厳重な警戒を呼びかけている。

 7日午後6時までの24時間降雪量は、福井、石川両県で最大60センチ、富山県で同50センチと予想されている。

JR西、7日も終日特急や在来線の一部を運休

 北陸地方の大雪の影響で、JR西日本は7日の始発から、特急サンダーバード(大阪―金沢)と特急しらさぎ(名古屋・米原―金沢)を終日運休することを決めた。

 在来線では、北陸線の敦賀―金沢駅間で終日運転を取りやめる。また、越美北線(福井―九頭竜湖)は8日まですべての列車の運行を中止するという。