【動画】大雪が降った福井市内=南有紀撮影
[PR]

 福井市では6日午後2時に136センチの積雪を記録した。最大196センチの積雪を記録した1981年の「56豪雪」以来、37年ぶりの大雪となった。北陸地方に大雪をもたらした原因は何か。

 大阪管区気象台などによると、冬型の気圧配置が強まり、日本列島の上空に強烈な寒気があったことに加え、大陸からの二つの風がぶつかる「収束帯」が日本海上に発生し、福井県上空に到達したことが原因とみられる。

 大陸からの風は、朝鮮半島北部の白頭山など2千メートル以上の山脈で両側に分かれ、日本海へと抜ける。分かれた風は、それぞれ北寄りと西寄りの風となって日本海上で合流する。ここで日本海からの水蒸気の供給を受け、雪雲が帯状に発生する。「日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)」と呼ばれる。

 今回は、上空約5千メートルに平年より10度ほど低い零下36~39度の強い寒気があり、JPCZが4日から6日にかけて福井県上空で停滞して雪雲が次々と流れ込んだことで、大雪を招いたと考えられるという。

 JPCZによる大雪は、2010~11年の年末年始の山陰地方の例などが知られている。(後藤一也、編集委員・瀬川茂子)

大雪時の注意点

●雪道を運転する時

・冬用タイヤ、タイヤチェーンを装着

・道路情報を確認

・車間距離は広めに

・アクセル、ブレーキはゆっくり

・十分な燃料確保を

・軍手、スコップ、ジャッキなどを装備

●車で立ち往生したら

一酸化炭素中毒を防ぐため、エンジンは切るのが望ましい。難しい場合はマフラーの周辺が雪で覆われないように定期的に除雪。排ガスが車内に入り込まないようにする

●雪道を歩く時

・転ばないように歩幅は小さく、靴の裏全体を地面につける

・帽子と手袋

・両手をポケットに入れない

・屋根からの雪の落下に注意