[PR]

 他のガス会社の顧客のガス栓を閉めたとして、愛知県警は6日、同県田原市のガス会社経営の男(55)を偽計業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 田原署によると、男は1月13~25日、田原市内の別のガス会社が取引先に設置したプロパンガスのバルブを4回にわたって閉め、同社の業務を妨害した疑いがある。

 田原市内では1月5日以降、住宅や店舗のプロパンガスのバルブが閉められる被害が相次ぎ、今回の容疑分を含め16カ所で計27回の被害が田原署に届けられているという。署は今回の容疑との関連も調べている。