[PR]

1分で知る・がん検診

 発症前にがんを見つけるがん検診には、自治体が実施する公的なものと、人間ドックのように希望者が受ける2種類ある。がん対策の重要な柱だ。

 検診の目的は、がんを早く見つけて死亡する人の割合(死亡率)を減らすこと。国は、効果に科学的な裏付けがある胃・肺・大腸・乳・子宮頸(けい)がんの5種で受診を推奨し、40~60代の約4割が受けている。

 がんが早く見つかれば、発見から亡くなるまでの生存期間は延びる。ただ、死亡率の改善につながるかどうかは場合による。

 例えば、いずれも50歳でがん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら