[PR]

 北陸地方の降雪はいつまで続くのか。気象庁によると、福井県では北部を中心に大雪の予報が続いていたが、7日夕方からは雪がやみ、所により曇りになっている。また、石川県では7日夜遅くまで雪が降り続く見込み。

 7日午前11時現在の積雪量は福井市で136センチ、福井県中部の越前市で107センチを記録。それぞれ平年と比べて6倍以上となっている。また、金沢市は77センチで平年より5倍以上、富山市は69センチで平年の3倍近くに上っている。

 記録的な大雪の原因は、北陸地方の上空約5千メートルに平年より約10度も低い零下39度以下の強烈な寒気が流れ込んでいることが影響している。福井地方気象台などによると、この寒気とともに雪雲が流れ込んでいるといい、東日本も含めた日本海側では8日まで雪が降り続く見通し。

 8日午前6時までの24時間の降雪量は福井、石川両県で最大40センチ、富山県で同50センチと予想されている。

 各地の気象台では、雪による交通障害や低温による路面の凍結、なだれなどに注意を呼びかけている。