[PR]

 携帯電話大手3社の2017年4~12月期決算が7日出そろい、いずれも売上高は前年同期を上回った。会計方法を見直したNTTドコモ以外は営業利益も増えた。最上位機種の「iPhone(アイフォーン)X(テン)」は期待ほど売れなかったものの、動画や金融など通信以外の事業が好調だった。

 昨年11月に発売された「X」の販売は「(9月発売の)『8』と合わせて例年の新機種並み」(大手幹部)にとどまった。

 ドコモは動画配信の「dTV」などが好調で、通信以外の営業利益が17%増えた。KDDIは電力販売など通信以外の事業の取扱高が前年比1・5倍に。1月にはさらに、英会話教室のイーオンホールディングスを買収。「新たな成長を目指す」(田中孝司社長)という。

 一方、ドコモは12年に買収した有機食材宅配の「らでぃっしゅぼーや」を今月に売却する予定だ。吉沢和弘社長は「期待したほど市場が伸びなかった」と新規事業の難しさを認めた。