[PR]

 江崎鉄磨沖縄・北方担当相が7日の衆院予算委員会で、同日の「北方領土の日」を「沖縄北方の日」と言い間違え、指摘を受けて訂正する一幕があった。江崎氏は昨年8月の初入閣直後、北方領土問題について自身は「素人は素人」と述べたことがある。

 希望の党の後藤祐一氏の質問に答えた。後藤氏が北方領土問題について取り上げると、江崎氏は「今日『沖縄北方の日』に質問、感謝にたえません」と答弁。後藤氏に誤りを指摘されると「私は沖縄・北方担当になっておりますので」と釈明し、「沖縄と言ったことは間違いです」と訂正した。

 さらに、後藤氏が続けて沖縄の米軍基地をめぐる質問に移った際、部屋の外へ歩き始め、後藤氏に呼び止められて戻った。後藤氏は「ちょっと緩んでいるのではないか」と指摘した。

 江崎氏の国会答弁をめぐっては、初入閣時に地元で「役所の答弁書を朗読する」などと発言。閣僚としての資質が問われたこともある。(山岸一生)

こんなニュースも