[PR]

 自民党憲法改正推進本部は7日、憲法9条改正に向けた条文案の作成作業に入った。党内では戦力の不保持と交戦権の否認をうたう9条2項を維持する案と削除する案が対立する。執行部は各議員に条文案を募るが、安倍晋三首相(党総裁)が提起した2項を残す案を軸に検討する方針だ。

 昨年末に推進本部がまとめた論点整理でも、2項維持と削除が両論併記された。細田博之本部長は7日の推進本部全体会合で「国民に理解を得て、幅広く支持されて是認されることが最も重要」と強調。現実路線を強調する安倍首相の論理に沿った取りまとめを目指す方向性を示した。

 この場で示された資料では、2項維持案によって「自衛隊違憲論は早期に解消を図るべきではないか」とする一方で、削除案は「フルスペック(制約のない形で)の集団的自衛権行使が可能となる」と指摘。野党や世論の反発を招きかねないことをにじませた。

 出席議員の議論では「まずは一歩目として、2項を残して自衛隊明記を」などの意見が出され、岡田直樹・推進本部事務局長によると、2項維持案支持が多数を占めたという。ただ、2項と自衛隊明記との整合性を疑問視する2項削除論もなお残る。さらに2項を維持したうえで、「自衛権」を明記する案を支持する意見も出た。

 細田氏は、党所属議員に条文案を独自に作って10日以内に提出するよう要請した。(岩尾真宏)