[PR]

 台湾東部・花蓮県沖で6日午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろ、強い地震があり、花蓮市内でホテルやビルの一部が崩れるなどの被害が出た。台湾の中央気象局によると、マグニチュード(M)は6・0。台湾メディアによると、7日夜までに少なくとも7人が死亡、250人以上が負傷し、67人と連絡がとれない状態だ。日本台湾交流協会台北事務所によると、旅行者を含む日本人9人もけがをした。

 1~3階部分がつぶれて大きく傾いた11階建てのホテル「統帥大飯店」には100人以上の宿泊客がおり、大半が救出されたが、フロントに閉じ込められていた男性従業員の死亡が確認された。ホテルには日本人旅行者7人も5階部分に宿泊。助け出された人は「出口が見つからず、右往左往した」と現地のガイドに語ったという。7人は病院で手当てを受けたが、重傷者はいないという。同事務所によると、ほかに30代の女性と70代の男性が軽傷を負った。

 台湾当局などによると、倒壊したり、傾いたりしたのは市街地の四つの建物。店舗と住宅が入る12階建てのビル「雲門翠堤」は低層部が崩れた。このビルでは少なくとも4人の死亡が確認され、うち1人は中国から旅行で来ていた女性。さらにビル内にいたとみられる52人と連絡がついていない。倒壊したほかの二つの建物でも、計15人の安否が確認できていない。

 台湾では2016年2月6日にも南部でM6・4の地震が発生。台南市でマンションが倒壊するなどして100人以上が死亡した。花蓮県付近では今月4日夜にもM5・8の地震があり、その後も小さな揺れが続いていた。(西本秀=花蓮、青木美希)

こんなニュースも