[PR]

 司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)の周辺に飾られた菜の花約800本が切断された。つぼみ状態のものばかり狙われ、食用にされた疑いがあるという。

 2月12日の司馬の命日「菜の花忌」にちなみ、例年この時期にプランターを置いている。観賞用で早咲きの品種だが、今年は特に生育が遅かった。

 館長は「住民が一生懸命育てた菜の花。思いを踏みにじらないで」。ひとまず被害届は出さず、改心を呼びかけるポスターを貼って様子を見守るという。