[PR]

患者を生きる・HIV陽性(3)

 HIV(エイズウイルス)感染者の会社員男性(47)は2006年4月、感染者の精子で安全に体外受精させる研究をしている荻窪病院を妻(45)とともに訪れた。

 カウンセラーの小島賢一さん(63)から、遠心分離機などを使って精子とウイルスを分ける方法などの説明を受けた。

 男性が別室で精子の状態を調べ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら