[PR]

 がんの治療による副作用で、見た目の変化に悩む人は少なくありません。髪や眉、まつげが抜けるほか、皮膚のくすみやむくみなど症状はさまざま。患者の精神的な安定のためにも、外見をケアする取り組みが広がっています。

 千葉県習志野市の行政書士、瀬戸川加代さん(44)は、ステージ4の乳がんの闘病を続けている。当事者になって初めて、患者が医療機関での「治療」以外に悩むことが多いとわかった。

 抗がん剤治療の副作用で髪の毛が抜け、着用した医療用ウィッグが高額で驚いた。眉毛の描き方がわからず、消えやすいことに悩んだ。まつげが抜けると、目元の印象が変わった気がした。肌のくすみも気になった。「病院を出たら、患者も1人の『生活者』。でも、治療以外の悩みを相談する方法がわからなかった」と振り返る。

 そんなとき、行きつけの美容院…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら