[PR]

 財務省が8日発表した2017年の国際収支(速報)によると、貿易や投資による国内外のお金の出入りを示す「経常収支」は前年比7・5%(1兆5321億円)増の21兆8742億円の黒字だった。海外の投資先からの収入や訪日外国人が増えたことで、黒字幅は07年に次ぐ過去2番目の高水準となった。

 全体を大きく押し上げたのは、海外でのもうけを示す「第1次所得収支」で、黒字額は同9・1%(1兆6386億円)増の19兆7397億円と、過去2番目の大きさになった。世界的な好景気を受け、日本企業の海外子会社からの配当金などが増えたためだ。

 また、訪日外国人数が過去最多を更新し、旅行に関するもうけを示す「旅行収支」の黒字が同32・9%(4360億円)増の1兆7626億円と、過去最大となった。この結果、旅行を含むサービス関連のお金の出入りを示す「サービス収支」全体では、赤字額が7061億円と過去最少に縮小した。

 一方、ものの出入りを示す「貿易収支」の黒字は同10・8%減の4兆9308億円に減少した。輸出は半導体関連などが伸び、11・9%増の77兆1955億円と好調だった。しかし、輸入は原油高でエネルギー関連が増え、同13・9%増の72兆2647億円に膨らみ、輸出の伸びを上回った。

 企業の海外移転が進み、貿易よりも海外で稼ぐ流れが強まっており、17年の海外への直接投資額も、同0・5%増の18兆4905億円に上った。(栗林史子)

こんなニュースも