[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は8日、フジテレビの情報番組「とくダネ!」で容疑者の映像を取り違えるミスなどが続いたことについて、放送倫理違反に当たるとの意見書をまとめ、公表した。

 番組は昨年7月27日、医師法違反容疑で逮捕された容疑者として別の男性のインタビュー映像を放送。8月28日には、京都府議の男性が書類送検されたと事実確認せずに放送、「ストーカー登録」という用語を不正確に用いた。

 委員会は「事実に反する報道で誤った情報を視聴者に伝えた」と指摘。川端和治委員長は「刑事事件に関する慎重を要する情報は、正しい確認先に確認しなければならないという意識が希薄化しているのではないか。各局で意識を高めるような研修をしていただきたい」と述べた。

 フジ広報部は「決定を重く、真摯(しんし)に受け止め、今後の番組制作に生かしてまいります。全社一丸となり、再発防止に継続的に取り組んでまいります」とのコメントを出した。

こんなニュースも