[PR]

 千葉県は7日、処方箋(せん)がないのに医薬品を販売したなどとして、ウエルシア薬局(東京)が開設する佐倉市のウエルシア薬局ユーカリが丘店に対し、医薬品医療機器法に基づき今月9日から27日まで19日間、薬局業務の停止を命じたと発表した。育毛剤や向精神薬など処方箋が必要な医薬品を販売したが、健康被害は報告されていないという。

 県薬務課によると、2014年8月~昨年7月、同店の管理薬剤師だった30代男性が、本来は医師の処方箋を受けて医薬品を販売しなければいけないのに、処方箋がない患者26人に勃起不全(ED)治療薬や高血圧症薬、抗インフルエンザ剤といった処方箋医薬品を定価で販売したという。昨年9月に同社の内部調査で明らかになり、同社の通報を受けて県が調べていた。県は、男性が患者に求められて断り切れずに販売してしまったとみている。

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/