冬タイヤへの交換要注意 大型車、走行中の脱落5倍に

有料会員記事

伊藤嘉孝
[PR]

 大型トラックやバスのタイヤが走行中に外れる事故がこの5年で5倍超に急増していることが、国土交通省の調査でわかった。冬タイヤの交換などで、ボルトの締め付けが不適切なケースが目立つ。重さ100キロ超のタイヤもあり、ぶつかれば被害は深刻。事故多発の背景には、運送業界の人手不足も指摘されている。

 国交省の集計によると、8トン以上のトラック、または定員30人以上のバスのタイヤが走行中に外れる事故は2016年度、56件にのぼった。00年代前半に三菱自動車製の大型トラックの前輪と車軸を結ぶ部品「ハブ」で破断や亀裂が相次いだ問題が発覚後、減少傾向にあったが、11件だった11年度からは増加傾向に転じ、5年間で5倍超まで増えた。

 昨年は、岡山県の高速道路でトラックのスペアタイヤが落下し母と娘が死亡した事故が注目された。ただ、大型車のスペアタイヤ落下は16年度までの5年間で計4件で、使用中のタイヤ脱落の方が圧倒的に多い。三菱自動車製車両の問題では、1983年からハブのリコールを届け出た2004年までの約20年間に52件の脱落などの事故があったが、16年度はそれを1年間で超える規模の脱落が起きたことになる。

 大型車のタイヤは直径1メー…

この記事は有料会員記事です。残り1115文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら