[PR]

 ノンフィクション作家の菅野完(たもつ)氏に無理やり体を触られるなどして精神的苦痛を受けたとして、知人女性が220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が8日に東京高裁であった。阿部潤裁判長は女性への不法行為を認めて慰謝料など110万円の支払いを命じた一審・東京地裁判決を支持し、菅野氏の控訴を棄却した。

 判決によると、女性は2012年5月ごろに菅野氏と知り合った。女性は菅野氏の意見広告掲載運動に賛同し、7月に同氏と初めて会い、意見広告の作業をするため自宅に招いたところ、同意がないままベッドに押し倒されたり、ほおにキスされたりした。女性はその後、不眠やうつと診断された。