[PR]

 愛知県教育委員会は9日、児童9人に対し額を黒板にぶつけるなどの体罰を行っていたとして、同県豊橋市立岩西小学校の男性教諭(43)を停職6カ月の懲戒処分としたと発表した。教諭は9日付で退職した。

 県教委によると、教諭は昨年10月、担任する2年生の女子児童を授業中に黒板の前に連れて行き、「よく見てよ」と言いながら後頭部を持って額を黒板に複数回ぶつけた。この児童は2週間ほど不登校になった。児童らへの聞き取り調査で教諭は計9人に14件の体罰をしていたことが判明。いずれもけがはなかった。教諭は2012年にも体罰で戒告処分を受けていた。

 また、自校の高校2年生の女子生徒と自宅でキスをして胸を触るなどのわいせつ行為をしたとして尾張地区の高校の男性教諭(26)を停職6カ月とした。女子生徒と交際していたという。教諭は9日付で退職した。