[PR]

 麻生太郎財務相(77)は、財務相の在任期間が12日で1875日になり、宮沢喜一氏を抜いて戦後最長を更新する。9日の記者会見でそのことを問われると、「長くやりゃいいってもんでもない」と語った。

 第2次安倍内閣が発足した2012年12月26日に副総理兼財務相に就任。以来、菅義偉官房長官とともに政権の中枢を占める。首相経験者として、安倍晋三首相の信頼も厚い。

 財政出動と大胆な金融緩和によって経済成長とデフレ脱却をめざすが、物価は目標の2%になかなか届かない。この間、麻生氏は消費税率10%への引き上げを首相に直言したが、2度先送りされた。財政再建目標も延期され、国と地方の借金は1千兆円を超える。

 一方で、その発言がたびたび物議を醸し、昨年夏には「ヒトラーはいくら動機が正しくてもダメ」と話して、直後に撤回した。最近では、森友学園への国有地売却問題をめぐって国会で野党の追及を受ける。

 戦前には、明治時代に日本銀行の設立にも尽力した松方正義(通算5302日)や、昭和恐慌後に積極的な財政出動でデフレ脱却に取り組んだ高橋是清(同3214日)が、長く蔵相を務めている。(長崎潤一郎)