[PR]

 佐賀市文化会館で開かれた九州アンサンブルコンテストは最終日の11日、高校、大学、職場・一般の部があり、県代表8団体が出場。長崎北陽台高、鎮西学院高、活水高、西陵高、長崎大、アルビオン・クラリネット・ヴァリエが金賞に輝き、長崎日大高、県立大佐世保は銀賞だった。

 長崎北陽台高は、いずれも2年の富永知邑さん、浜崎さくらさん、嶋田唯乃さんの3人で木管三重奏で「詩曲Ⅱ」を披露。大切なものを失った時の世界観を描いた曲だといい、「音の変化で伝わればと演奏した。高校に入って初の九州大会で緊張したけれど、やりたいことができた」と笑顔で振り返った。