[PR]

 仮想通貨交換業者「コインチェック」(東京都渋谷区)から顧客資産の仮想通貨NEM(ネム)約580億円分が不正流出した問題で、警視庁は、流出したNEMの一部が別の仮想通貨に交換されたことを確認した。捜査関係者への取材でわかった。同庁は、流出に関与した人物が資金洗浄を進めた疑いがあるとみている。

 捜査関係者によると、匿名化ソフトを使わないと接続できない「ダークウェブ(闇サイト)」上でNEMと別の仮想通貨との交換を持ちかけるサイトを確認。9日までに、このサイトにアクセスした日本人男性と接触し、男性が別の仮想通貨「ライトコイン」と少額のNEMを交換した事実を確認したという。

 このサイトの存在は、NEMが…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら