大雪に住む家もなく…救ってくれた、あの女性はだれ

有料会員記事

青木美希
[PR]

 男性(65)は、公園のコンクリートの地面に座り込んだ。持ち物は着替えを入れたバッグ二つ。数日前に見知らぬカップルからもらった毛布を肩にかけ、目を閉じた。

 1月21日、東京都杉並区。日が暮れ、だんだんと気温が下がっていく。「この先どうなるんだろう」。寒さと心細さで、眠れなかった。

 日雇いの仕事をしていたが、年とともに見つけにくくなった。家賃を払えなくなり、ワンルームマンションを追い出されたのは5日前。次第に、思うように足が動かなくなった。

 「雪が降る、と天気予報で言っていました」

 突然、声が聞こえた。ジャンパーを着た小柄な女性が立っていた。30代か、40代。

 女性は、真剣なまなざしで続けた。

 「危ないから、病院に行きま…

この記事は有料会員記事です。残り445文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら