[PR]

菅野範弘の目(ジャンプ・男子ノーマルヒル)

 風で結果が大きく左右された試合だった。

 1回目は乱高下する風の中、うまく風に乗った選手と追い風にたたかれた選手に分かれた。今季のワールドカップ(W杯)で個人総合8位の小林潤志郎(雪印メグミルク)がそう。追い風を受けて、飛距離を伸ばせなかった。

 平昌のジャンプ台は風力発電の施設が近くにある。防風ネットも設置されているが、非常に気流の変化が激しく、何が起きるか分からない。4年に1度の五輪でこのような条件のジャンプ台では、実力に加えて運もないと勝てないと感じた。

 ただ、上位に入った選手は、テ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら