JR東海道線の窓ガラスにひび 「蒲田駅あたりで音」

[PR]

 10日午後3時半ごろ、JR品川駅東京都港区高輪3丁目)の職員から「東海道線上り電車の窓ガラスが割れた」と110番通報があった。乗客は「川崎駅を出た後、蒲田駅を通過したあたりで音がした」などと話しているといい、警視庁JR東日本が詳しい原因を調べている。

 高輪署とJR東によると、割れたのは10両編成の電車の7号車の座席背面の窓ガラス。大きさは縦約97センチ、横約73センチで、1~2センチの穴が一つ開き、クモの巣状にひびが入っていた。車内から石などは発見されていない。けが人はいなかった。この電車は品川~小金井駅間を運休し、後続の電車は別のホームを使って運転を継続した。