[PR]

 娘を殺害しようとしたとして、警視庁は10日、東京都昭島市田中町3丁目、無職清水悦子容疑者(63)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。娘は搬送先の病院で死亡し、同庁は容疑を殺人に切り替えて詳しい動機などを調べる。清水容疑者は「殺そうとしたことは間違いない」と容疑を認めているという。

 昭島署によると、清水容疑者は10日午後2時ごろ、自宅の集合住宅の一室で、長女で無職の萌さん(21)の首を絞めて殺そうとした疑いがある。「子どもに手をかけた」という内容の電話を受けた都内の報道機関から同日午後2時20分ごろに110番通報があり、駆けつけた署員が室内で首にネクタイが巻きつけられた状態で倒れている萌さんを発見した。萌さんは約2時間後に死亡が確認された。清水容疑者は萌さんと夫の3人暮らしで、夫は事件当時は外出中だったという。

 現場はJR昭島駅の南西約3キロの多摩川沿いにある集合住宅の一角。