[PR]

 JR九州によると、11日午後3時ごろ、九州新幹線の新鳥栖―久留米間で架線に障害物が見つかり、同区間で一時、運転を見合わせたが、午後3時50分ごろに再開した。架線の電気を止め、引っかかっていたビニールを撤去したという。上下線に遅れが出た。