[PR]

 14日のバレンタインデーを前に、横浜市のチョコレート工房「ショコラボ」でチョコ作りが佳境を迎えている。主な作り手は知的障害のある人たちだ。

 市営地下鉄センター南駅に近い工房(都筑区茅ケ崎中央)では7日、甘い香りが漂うなか、チョコをドライヤーで熱しながらかき混ぜたり、型にチョコを流し込んだりする作業が行われていた。

 パンダ型の人気商品「ショコラdeパンダ」は9個入り税込み756円。ナッツ入りの棒状チョコ「ショコラ棒」の3本セットは税込み540円。ドライフルーツにチョコを浸した商品なども製造している。

 現在、10~50代の知的障害者ら25人が働くショコラボは、運営団体である一般社団法人AOH会長の伊藤紀幸さん(53)が2012年11月に立ち上げた。障害者の働く場を作り、工賃向上を目指すためだった。

■きっかけは長男の知…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら