[PR]

 涙が止まらなかった。高梨沙羅(クラレ)は滑り終えると、仲間に抱き寄せられた。「ほっとした。金メダルは取れなかったけれど、最後の最後に、渾身(こんしん)の、ここに来て一番いいジャンプができた」。銅メダル。五輪で日本女子ジャンプ初の表彰台に上がった。

 目が覚めて、涙する夜もあった。

 助走路から飛び出し、追い風を受けて吸い込まれるように落ちていく。着地でひざを曲げて足を前後にずらし、水平に手を広げるテレマークが入らない。

 4年前から見続ける夢がある。金メダルの大本命と言われながら4位に終わったソチ五輪のジャンプだ。

 当時17歳。周囲の期待を感じ、「勝ちたい」と必要以上に口にした。近くで声をかけられても気付かないことがあるほど高い集中力。それが力みにつながり、動きを硬くした。

 「心の余裕をどう持つか」。こ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら