[PR]

 「日本代表で活躍する第2の西川周作(浦和)、清武弘嗣(C大阪)を生み出す」

 今月6日、大分トリニータと業務提携を発表したベルギー1部リーグのシントトロイデン立石敬之CEO(最高経営責任者)は、そう宣言した。立石氏と言えば、トリニータの元選手で現役引退後は大分の育成強化の礎を築き、強化部長時代には当時無名だった森重真人(FC東京)をスカウト。育成と発掘の両輪を担った人物だ。

 今回のクラブ間提携に尽力した。業務内容は「選手、指導者、スタッフの人材交流」、「スタジアム運営のノウハウの共有」など多岐にわたるが、「選手育成」が大きな柱となる。

 トリニータはアカデミー(育成…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも