[PR]

 みなべ町特産の梅をテーマにした高校生による料理コンテスト「UME―1グルメ甲子園in梅の里みなべ」が12日、同町東本庄の町保健福祉センターであった。県内や大阪、京都などの学校計10校が参加した。

 コンテストは町やJA紀州などの主催で、今年のテーマは「若者が考えるうめぇ(梅)レシピ」。参加する高校生は商品開発や材料の仕入れ、製造、販売までを担うことで人と関わることの楽しさを感じ、地域活性化のあり方も学ぶ。

 県立南部高校で食品加工などを学ぶ3年生4人が考案したのは、白干しした梅を使ったドライカレーをご飯と混ぜて油で揚げた「おいしさコロッと梅カレーライスボール」。同校で栽培した梅を使い、カレーと梅肉の酸味が調和するように試作を繰り返してきた。

 用意した約300食は約3時間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら