【動画】「西大寺会陽」に向けた水垢離行
[PR]

 今月11日の午後6時半。カメラを持つ手がかじかむほどの寒さの中、岡山市東区の金陵山西大寺に約40人の裸の男たちが集まった。心身を清める境内の垢離取場(こりとりば)の前で一礼すると、坪井綾広(りょうこう)住職(41)と一緒に水中に身を沈め、約5分間、般若心経を唱えた。

 今月17日に開催される「西大寺会陽(えよう)」に向けた水垢離(みずごり)行だ。祭りの2週間前から毎日朝と夕の2回行われている。看護師の竹内章雄さん(43)=同市中区=は「今年1年の仲間の安全や健康を祈りました」と体を震わせながら話した。

 水垢離行の発起人は、昨年就任した坪井住職。5年前に始め、毎年参加者は増えているという。「自らの罪やけがれを取り除き、全てを受け入れる寛容な心を養うのが目的。それが会陽への取り組み方にも表れてきます」と話す。

 西大寺会陽は、国家安穏や五穀…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら