[PR]

 沖縄県内で起きた交通事故をめぐり、産経新聞社が「取材が不十分だった」などとして記事を削除した問題で、インターネット版「産経ニュース」の記事を転載した八重山日報社(本社・沖縄県石垣市)が「お詫(わ)び」を紙面に掲載した。両社は提携関係にある。

 9日付紙面のおわび記事によると、八重山日報は昨年12月11日、「米兵が日本人男性を救出した」とする産経ニュースの記事を転載。さらに「独自取材」として、救出された日本人男性が米兵に「感謝している」と語ったとする関係者の談話を載せた。しかし、「その後の再取材で、関係者、男性とも米兵に救出された事実を否定した」と説明。記事を訂正した。

 産経は8日付朝刊1面に「おわびと削除」を掲載し、ネットと紙面の2本の記事を削除した。「米兵が日本人を救出」とした点は事実関係の確認作業が不十分だったとし、「米兵の行動」を報じなかった地元紙の琉球新報と沖縄タイムスを「報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ」と批判したことには、「行き過ぎた表現があった」として謝罪した。

 琉球新報と沖縄タイムスは「産経の事実確認は不十分だ」と記事で反論していた。

 八重山日報の仲新城誠編集長は朝日新聞の取材に「取材のつめが甘かった。救出された本人の話を聞くべきだった。産経の記事は今後も掲載していくが、沖縄に関する記事は、我々で取材、確認をした上で載せる努力をしたい」と話した。