[PR]

 12日午前10時10分ごろ、宮城県加美町一本杉の町道で、近くに住む柳川真砂子さん(87)が道路を歩いていたところ、除雪作業中にバックしてきた重機車にはねられて、死亡した。

 県警加美署は、運転していた同町の設備工事業中島吉悦容疑者(69)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで現行犯逮捕した。中島容疑者は調べに「確認したが、歩行者はいないと思った」と話しているという。町の委託を受けて除雪作業中だった。

 署によると、現場は片側1車線のほぼ直線で、歩道はなかった。事故当時、雪はほとんど降っていなかったが、路面は圧雪状態でセンターラインや路側帯が見えにくかったという。