[PR]

 埼玉県所沢市西所沢1丁目の住宅で、この家に住む入江富美子さん(76)と次男の幼稚園バス運転手、大崎欣孝(よしたか)さん(53)=同市狭山ケ丘2丁目=の遺体が見つかった事件で、県警は12日、次男の遺体を遺棄したとして、ともに住所不定で無職の佐久間義明(53)、大谷竜次(42)の両容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。県警は2人が容疑を認めているかどうか明らかにしていない。

 県警によると、両容疑者は8日ごろ、入江さん方の浴室に、大崎さんの遺体を放置して立ち去った疑いがある。大崎さんはよく入江さんの世話をしに来ていたという。

 8日午後、2人とも浴室で倒れているのを入江さんの長男らが見つけた。大崎さんの上半身に刃物で複数回刺された傷があった。大崎さんの死因は内臓に血などがたまる血気胸だった。入江さんに目立った外傷はなく、死因は溺死(できし)。県警は2人の死亡に両容疑者が関与していないか、慎重に調べる。

 佐久間容疑者は大崎さんの中学の同級生で、事件前まで入江さんと同居。大谷容疑者も入江さん方にたびたび出入りし、佐久間容疑者と知り合ったという。事件後2人の行方が分からなくなったが、12日午後0時50分ごろ、千葉市中央区で捜査員が発見した。