[PR]

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪第4日は12日、フリースタイルスキー男子モーグルの決勝があり、原大智(日大)が3位に入り、今大会の日本勢のメダル第1号となった。またこの種目でも日本男子初のメダルとなった。

 原は決勝2回目で1位となる82・30点をマークし、上位6人による3回目に進出。3回目は82・19点だった。過去の五輪で、日本勢のこの種目の最高順位は7位だった。

 原は東京・渋谷生まれの20歳。中学卒業後にカナダにスキー留学し、現地の高校でスキーの技術を磨いた。これまでのワールドカップでは4位が最高だったが、初の五輪で快挙を成し遂げた。

 金メダルはミカエル・キングズベリー(カナダ)。