写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 インフルエンザを予防するため、加湿器を使っている家庭も多いのでは? しかし、手入れが十分でないと、レジオネラ菌などの感染源になってしまうこともあります。加湿器を選ぶ際のポイントや、使用時の注意点を専門家に聞きました。

 昨年末から今年1月にかけて、大分県の高齢者施設の利用者3人がレジオネラ菌が原因の感染症(レジオネラ症)にかかり、90代の男性1人が亡くなった。県は、施設の居室に置かれていた加湿器からレジオネラ菌を検出。ほかの場所から菌が検出されなかったため、加湿器が集団感染の原因と推定し、他の施設などにも注意を促した。

 加湿器には、大きく分けて四つの方式がある=図。

 大分県によると、今回、レジオネラ菌が検出されたのは「超音波式」と呼ばれるタイプ。超音波で水を震わせ、噴霧する。レジオネラ菌は60度以上で死滅するとされるが、このタイプは水を熱さないため注意が必要だ。除菌機能を備えた商品もあるが、厚生労働省は超音波式加湿器について、「レジオネラ症の原因となる可能性がある」と注意喚起している。

 調査会社「GfK Japan」によると、昨年、全国の家電量販店で販売された加湿器の数は、前年より8%増加。同社の調査によると、近年シェアを伸ばしているのが、超音波式の加湿器だ=グラフ。17年の販売数全体の約4割を占め、方式別の割合でトップだった。

 家電ライターの藤山哲人さん(50)によると、5年ほど前から、インテリア雑貨として、デザインを重視した超音波式の加湿器が次々に登場。外国製が多く、比較的安価なこともあり売れ筋になっているという。

 加湿器を選ぶ時には、どんなこ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら