プロ野球西鉄ライオンズ(現・西武)の黄金期に1番打者として活躍した高倉照幸(たかくら・てるゆき)さんが12日、死去した。83歳だった。関係者によると、1月ごろから体調を崩して福岡市内の病院に入院していたという。

 熊本商高から1953年に西鉄に入団し、翌54年から外野手として1軍に定着。三原脩監督の下で豊田泰光、中西太、大下弘らと強力打線を組み、56~58年の3年連続日本一に貢献した。果敢な「切り込み隊長」として名をはせた。

 67年から2年間プレーした巨人時代には、王貞治、長嶋茂雄とともに中軸も担った。その後、アトムズ(現ヤクルト)を経て70年に引退。現役時代の通算打率は2割7分6厘、1611安打、168本塁打、640打点。ベストナインを3度獲得した。

 引退後は、福岡市の中学硬式野球の「福岡南リトルシニア」で指導するなどし、文部科学省の生涯スポーツ功労者表彰を受けた。