[PR]

 13日も日本海側を中心に大雪となり、学校の休校や鉄道の運休が相次いだ。14日は冬型の気圧配置が緩み、雪は弱まる見通しだ。

 福井県北部では6日から休校していた小中学校、高校の多くが13日から再開予定だったが、前夜から激しい雪が降り続き、休校が続出した。県教育委員会によると、13日午前9時時点で小学校88校、中学校30校、県立高校23校が休校した。福井市の積雪は午前9時現在で109センチになる。

 JR西日本によると、特急「サンダーバード」(大阪―金沢)と特急「しらさぎ」(名古屋・米原―金沢)が13日は終日運休する。在来線は北陸線の敦賀―福井間で始発から運休し、福井―金沢間でも一部列車で運転を取りやめている。空の便も、小松空港を発着する一部の便で欠航が出ている。